読書

未来日記 こころが片づく「書く」習慣 古川武士

皆さん
こんばんは。 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者古川武士さんのこころが片づく「書く」習慣

三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

三つ目の気付き

未来日記

古川 武士さんの理由

(1)「過去を振り返る」ことはするけど「未来をイメージすることをしない」

(2)心理学では「脳はイメージと現実を区別できない」

(3)未来日記は、「出来事」→「達成」→「感謝」を記載していく

自分の意見

私は「若い世代の読書術」で月100万売上をします。
しかも、読者になる方は、読書が大好きになっていきます。
いつも応援ありがとうございます。

私の未来日記は以上です。
1年後の出来事ですね(笑)

このように未来日記を書くことが三つ目の気付きです。

人間は「過去」ばかり気にしてしまいます。

過去を振り返り、改善をしようとする。
だが、逆に過去の振り返りがきつくなり落ち込むことがあります。

落ち込むぐらいなら未来日記を書いて、確定させましょうというのは
道理がかなってると私は思いました。

振り返りがあまり好きではない、私は
未来日記を続けて書いていきたいと思います。
(アナログで書くぞぉ!)

こころが片づく「書く」習慣

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。