読書

振り返りGPS こころが片づく「書く」習慣 古川武士

皆さん
こんばんは。 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者古川武士さんのこころが片づく「書く」習慣

三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

二つ目の気付き

振り返りGPS

古川 武士さんの理由

(1)振り返りとは、
よかったこと、反省すること、次はどうするのかを考えること。

(2)ただ悩む、不安になることには意味がない。

(3)日々の反省や後悔の嵐から生じる自己嫌悪感から抜け出すために必要。

自分の意見

毎日の振り返りは、自己成長をしていくためには必須であり、
自分を客観視するためにやらなければならないこと。

人生の先輩方に、振り返りを何度もしろと言われたこともある、
だが、その都度どのように振り返りをするのかがわからならかった。

本を読むことでその悩みが解決できた。

振り返りGPS(よかったこと→反省すること→次はどうするのか)で振り返ることができる。

よかったことを見つけてから、振り返りを実施しよう。

こころが片づく「書く」習慣

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。