読書

意味のない言葉をつかわない。即効! 成果が上がる 文章の技術 尾藤克之

皆さん
こんばんは 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者尾藤克之さんの即効! 成果が上がる 文章の技術 から、
三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

二つ目の気付き

意味のない言葉をつかわない。

尾藤克之さんの理由

(1)「基本的」は意味のない言葉。
(2)接続詞は使いこなせば、理路整然だが、間違って使うと支離滅裂となる。
(3)接続詞の乱用注意

自分の意見

私も「基本的」の言葉を頻繁に使ってしまいます。
文章を書くとき、いらない文章が多すぎだろと痛感

今後は、意味のない言葉を使わない方法として、文章を書いたあとに「基本的に」「そして」「しかし」を使用してる部分がないか確認をします。

本の中では、「そして」の接続詞を使う場合「さらに」「かつ」
「しかし」の接続詞を続ける場合は「だが」「ところ」などを使うと読みやすくなるとのことで、確認対象にします。

即効! 成果が上がる 文章の技術 (ASUKA BUSINESS)

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。