読書

「なに」ではなく、「なぜ」が重要 即効! 成果が上がる 文章の技術  尾藤克之

皆さん
こんばんは 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者尾藤克之さんの即効! 成果が上がる 文章の技術 から、
三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

一つ目の気付き

「なに」ではなく、「なぜ」が重要

尾藤克之さんの理由

(1)アップル社のPR文でもなぜを明確にしている。
(2)なぜは多くの人の感情を揺さぶり共感を生みます。
(3)「なぜ」から初めて、「どのように」「なにの」の順番で
展開することで人をひきつけます。

自分の意見

私も「なぜ」と考えて文章に書くことは
もっとも重要にしています。

しかし明確に説明することはできませんでしたが、
本を読み、改めて気づかされました。

「なぜを」考えることで理解度を深まります。
例えば、書評を書き方を変えたを変えました。
埋もれてしまう、一つずつの気付きを大事にしたかったからです。
そして、著者の伝えたかったメッセージを深く理解したかったからです

今後は、最初になぜ、考えに至ったのか
どのようにすれば、それが解消されるのか。
なにをすれば、問題が解決するのかなどを常に考えて、文章を書こうと思います。

即効! 成果が上がる 文章の技術 (ASUKA BUSINESS)

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。