読書

子どもはみな自己肯定感を持っています。小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て 高橋孝雄

 

皆さん
こんばんは 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者高橋孝雄さんの小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育てから、
三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

三つ目の気付き

子どもはみな自己肯定感を持っています。

高橋孝雄さんの理由

子どもはみな自己肯定感を持っている、理由としては

(1)子どもの笑顔が例外なく心に染み込んでくるのは、
彼らが自己肯定感に満ちあふれてるから。
(2)「笑顔が消える」「表情がなくなる」は子どもの最大の危機。
(3)馬鹿にしたり、無視したり、怒りをぶつけると自己肯定感はなくなる。

自分の意見

そもそも、自己肯定感とは

 

「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態。
自分を肯定している感覚、感情などを指す。 byはてなキーワード

自己肯定感は、子どものころは誰にも持っているのにもかかわらず
大人になるにつれてなくなって来る人が多くいます。

その原因は子どもの出来事がきっかけで、
せっかく身についてる、自己肯定感を無くさせたくありません。

まずは親として、役割は他人と比べない

こまめにほめていくことをやっていこうと思います。

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。