読書

本があるのがあたり前の環境を作る。 将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!  松永暢史

皆さん
こんばんは 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者松永暢史さんの将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! から、
三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

二つ目の気付き

本があるのがあたり前の環境を作る

松永さんは本の中で、【本があるのがあたり前の環境を】P115 に書かれています。

松永さんの理由

本があるのがあたり前の環境の理由としては、
(1)本や読書を身近に感じさせることで読書をする習慣になる。
(2)親も本を読む姿を子供に見せられるようになる。
(3)生活の中にいつも読書という行為が存在させる。

私の意見

子供がいる人で忙しくて読書をしないのなら、
読書をしたほうが良い。

私の場合は、幼い頃は周りに本が少なく
本を読む行為が良いのかどうかさえも知らなかった。

子供のために読書をする
本を読む行為も、若い人が読書をするきっかけになる。

参考図書

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。