読書

たくさんの本を、1冊を何度も読み聞かせ 将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!  松永暢史

皆さん
こんばんは 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者松永暢史さんの将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! から、
三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

一つ目の気付き

たくさんの本を、1冊を何度も読み聞かせ

松永さんは本の中で、【たくさんの本を、1冊を何度も】P37 に書かれています。

松永さんの理由

たくさんの本を、1冊を何度もの理由としては、
(1)読み聞かせは将来の学力にも直結する。
(2)最初は、すぐ終わる短い絵本でOK。
(3)「量」を積んでたくさん読ませる。

私の意見

子供がいる人にはぜひ実践してほしい。
絵本の読み聞かせ、私もこの本を読んで絵本の読み聞かせを実施しようと思います。
(妻はこの本を先に読み、実践中)

子供の選択肢を増やすのも親の役割でもあります。
0歳からまずは絵本を読む生活リズムに取り入れます。
子供と一緒に両親も自己成長していきたいですね!

大人でも同じで、読書量が学力に反映するのは事実です。
子供に負けないよう、読書をしていこうと改めて思いました。

参考図書

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。