読書

スタンフォード大学に入学させる方法 子育て経営学 気鋭のビジネスリーダーたちはわが子をどう育てているのか

 

皆さん
こんばんは 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者宮本恵理子さんの子育て経営学
気鋭のビジネスリーダーたちはわが子をどう育てているのか

三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

三つ目の気付き

スタンフォード大学に入学させる方法

WiL共同創業者兼CEO
伊佐山 元さんが言われたことです

娘さんが2017年にスタンフォード大学に入学とのこと。

伊佐山 元さんの理由

(1)ただ一心に愛情を伝える。
(2)スキンシップを大事にする。
(3)親子の愛情に基づく信頼関係

自分の意見

理由を見て、入学させる方法じゃないと感じてる人がいるとは思います。
だが、勉強できるだけで、スタンフォード大学に入学できるのでしょうか。

スタンフォード大学は、世界の強豪が競う受験で、
合格率は4%だそうです。日大より圧倒的に難しいことですよね。

挑戦できる環境が、必要だと思います。

どんなに勉強できたとしても、挑戦できる勇気がなければ、
スタンフォード大学に入ろうとなどは考えないでしょう。

愛情があり、見守れる親だからこそ
子供が失敗しても、戻ってこれるんだと思います。

親子関係が良ければ、子供は率先してチャレンジができると思います。
私も親として、何でも挑戦できる「」を作ろうと決意しました。

子育て経営学 気鋭のビジネスリーダーたちはわが子をどう育てているのか

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。