読書

「発信」レベルは5段階に分かれる。期待以上に人を動かす伝え方 沖本 るり子

皆さん
おはようございます。 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者沖本るり子さんの期待以上に人を動かす伝え方 から、
三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

一つ目の気付き

「発信」レベルは5段階に分かれる。

沖本るり子さんの理由

(1)話す→伝える→伝わる→動いてもらう→期待以上に動くの5段階になっている。
(2)言葉を発信した場合、相手に伝わってないことがある。
(3)「期待以上に動くこと」が最終目的。

自分の意見

私自身の、「発信」レベルについて分析をしたところ、
「動いてもらう」人で止まっていました。

相手にどう動いてほしいかを明確にしましたが、
一つの言葉が足りません。
相手にとって「プラス」になることを言うことです。

方法として、話し相手の【苦手分野】を改善できるように
話したいと思います。

期待以上に人を動かす伝え方

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。