読書

中学生まで理解できる内容にする。 1分で話せ  伊藤 羊一

皆さん
こんばんは 愛甲です。

読書の深読みをしていきたいと思います。

著者伊藤羊一さんの1分で話せ
世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 から、
三つの気づきを一つずつお話していきたいと思います。

三つ目の気付き

中学生まで理解できる内容にする。

伊藤さんは本の中で、【中学生まで理解できる内容にする。】P100 に書かれています。

伊藤さんの理由

超一言で包み込む、理由としては
(1)わかりやすくなければ聞き手に理解してもらえない。
(2)ニース番組でも中学生まで理解できる内容を目指してる。
(3)大人でも少し難しい言葉を使うと迷子になる。

私の意見

中学生までより私は、小学生にもわかるまで
落とした方が良いと思ったのが最初の印象です。

しかし、良く考えてみると1分で話すを前提にすると
小学生は難しいなぁと思いました。

専門用語を使わずにいかにわかりやすく説明をするのか
話す内容を理解しないとできないこと

まずは話す内容を自分にきちんと落と仕込んで
100%理解した状態で話さないと意味がないですね。

セミナー講師などやる人は是非取り入れてほしいです。

参考図書

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。