Pocket

今日は、友人の金森 旬さんに家に遊びにきてもらい
マインドフルネスの無料セミナーを開催してくれました。

マインドフルネスは瞑想の一種みたいなもので
マインドフルネスをすることで心身ともリフレッシュができます。

今日はそんなマインドフルネスセミナーを受けての気づきは、

幸せの割合で生活環境(収入、地位、容姿、住居)などは10%しか過ぎない

日々の考え方、習慣が幸せの割合が40%もある。
幸せの割合が満たせばストレスがなくなり健康になる。

マインドフルネスとは、禅(ゼン)である。

今の状態に心をくっつけることで、心の安定が生まれる。

マインドフルネス瞑想のプロセス

集中→雑念→雑念に気付く→戻す(捨てる)
これを繰り返して元に戻す。

まとめ

マインドフルネスをすることで、心が安定され
ひとつに集中できるので、パフォーマンスが高めることができる。

雑念は誰しもあることで雑念が増えてくると、人は苦しくなり
うつ病や倒れることが多くなり、負の雑念が連発して(モンキーマインド)が発生することが多い
それを取り除くのが、マインドフルネスだということが新たに知れた。

※マインドフルネス、【今ここ】にただ集中している心のあり方
※モンキーマインド、雑念が連鎖する

動画

関連書籍

1分間瞑想法

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる