日常

なぜ、自己啓発を読むのか

皆さん
こんにちは。 愛甲です。

当ブログ、若い世代の読書術ですが、
自己啓発の書評などを中心にブログを書いています。
その他にも、IT 動画 育児なども取り上げてます。

突然の質問になりますが、
皆さんは、自己啓発についてどう思いますか。

自己啓発本は、胡散臭いとか
仕事ができない人が読む人が多いだろうと思う方もいるかと思います。

そんな方にメッセージとして、
私はなぜ自己啓発本を読むのかを説明していきたいと思います。

簡単で読みやすい

近年は出版業界も低迷し本が売れなくなっているのはご存知だと思います。読書をする若者も減り、大学生の1日の読書時間が0分の割合は53.1%に留まっているとのこと。 そんな中で、出版業界も本を売っていかないといけないので大変である。 近年の自己啓発本は凄くわかりやすく、読みやすい作りになっている。
小説や古典などと違って読みやすい。

すぐ試せる

自己啓発本の良いところは、すぐ実践にできるところである。
実践的なところもあり、すぐ実行できるところはできる。
自分で試して、トライアンドエラーができるところは凄く良い。

アウトプットがしやすい

人間の成長法則は、インプット・アウトプット・フィードバック・改善を繰り返すことにある。 成長過程において、アウトプットがしやすい自己啓発本は活用的なものであり、使わない手はない。

まとめ

自己啓発本が役に立たないと思ってる人は、
自己啓発本を実践的に使ってないです。
やったこともないのに否定的にもなるのもどうかと思います。
仕事ができないから自己啓発本を読むのは悪くはない。
たしかに、すぐ答えを見つけるのではなく
答えを見つけた方が良い。

判断するのは試してから

ABOUT ME
愛甲 昌信
映像ディレクター/Webコンサル/Webディレクター/ITエンジニアの愛甲昌信と申します。