Pocket

多くの仕事を受けルときに、
相手のキャパシティなどを関係なく依頼してくる人がいる。

特に会社の組織の場合
上司などがその傾向が強いことがある、

チームとして動き、一人で処理しなれない場合はそれを分散するのを
マネジメントするのが本来あるべき姿なのだが、
精鋭少数で気合いで頑張るという企業もある。
そう言った企業ではどうしても無茶な話が出ることも多い。

今回はそんな状況でも優先度をつけて仕事をする方法を紹介
優先度がつけられない方はぜひ試してみてください。
私も最近仕事の整理をいうのを改めてトライアンドエラーをしてるところだ。

依頼相手に終了時間を言う。

案件が大量にくる場合で作業する場合、
違う依頼相手から横槍や電話などで中断する場合作業効率が落ちる場合が多い。

そんな場合の対処方法として、急ぎではない場合相手に作業時間を先に伝える方法がある。
相手が時間設定がない場合効果的で、その場合やらないといけない作業をやる。

ToDoリスト(やるべきリスト)を作成する

多くの仕事をやる場合、
ノートに書き出してやるべきリストを作成する。

いわゆる ToDoリストなどもそれに当てはまる。
午前・午後・遊び・定時 の4種類で記載する。
記載することでそのやらねばならいことを書く。

ホワイトボードにやるべきことを記載

ホワイトボードに記載することで見える化になり
やる目標が明確になり集中力を持って作業ができる。

まとめ

どんな人であれ作業は複数ではなく、一つのことを集中して実行しよう、
自分の性格など、仕事の方法は人それぞれである。

優先順位を依頼者に聞く方法もある。

実体験として決まったやり方はなく、自分が合うやり方を見つけていこう。