Pocket

先日、攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXを全26話を見ました。

全話通してのアウトプット感想

ストーリー

西暦2030年、電脳化が一般化され情報ネットワークが高度化する中で、光や電子として駆け巡る意思を一方向に集中させたとしても、
「孤人」が複合体としての「個」となるまでには情報化されていない時代。複雑化する犯罪に対抗するため、内務省直属の独立防諜部隊と
して設立された「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。サイバー犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙、要人警護、
汚職摘発など極秘裏な任務は多岐にわたるが、遂行していくうちにある一つの事件が浮かび上がっていく。

感想

以前は、作品の世界観の原因か怖くて見れなませんでしたが、今回は興味がでてきましたので1話から見ました。
ストーリー展開がとても面白い。

なぜ面白いのか3つに絞ることができるだろう。

笑い男編が作品をより面白くしてる

物語が複雑になっておりとても印象深く見てる人を虜にします。電脳化が一般化され、脳情報までも吸い上げやれる時代に似合った
数々な問題が発生。 笑い男の話も見る人によっては感想が違うだろう。
私は今の政治家にも近い感じがして親近感を抱いた。

声優ファンも納得

声優陣も豪華でキーパーソンとなってる人が、
山寺宏一さんが演じることもあり、声優ファンとしても魅力的な作品と言えます。

ロボットファンも嬉しい

劇中に登場するタチコマ(4本の脚と2本の腕を持ち、AIによる自律行動を行う兵器(多脚戦車)である。)に関しても
ロボットに感情がでてきたり、最終回の物語もつい感動して泣いてあるシーンでもある。

まとめ

この作品は今の時代からこそ比較してみると面白い、まだアニメのように近づくことできないが、できないわけでもない。
ロボットファンやSFファンにはたまらない作品だろう。

攻殻機動隊 S.A.C. 1st GIG コンプリートBOX[DVD] [Import]