最適の予算の組み方についてご紹介します。
Facebook広告で予算差額をでないようにするには!?

Facebook広告の場合、クリック数(結果)表示回数(リーチ)と呼ばれるんですが、
地域を分散して広告セットを設定してしまうと、広告が短期間で消化できない問題が発生します。

その問題とは下記(画像)のような場合、消化できるものと消化できないものが存在します。

勿論メリットして、
クリック数(結果)表示回数(リーチ)が表示されるので低予算で
テストを繰り返すには向いてるのですが、本番でやるべきことではないです。

特に注目してほしいのですが大阪の場合の例もあります。
予算にたいして期待する結果が大きすぎる場合もあるので、2万分もったいことが発生します。

Facebook広告をやりたいひとは広告セットを一つだけにしぼることで、予算が使い切ることが可能になります、(100%ではないです)
テストを繰り返すことは重要ですが、1週間後にセミナー開催だから急いで集客したい人は、ぜひやってみてはいかがでしょうか?

以上、簡単ではありますが予算消化をする方法でした。

クライアント様によっては、クリック数(結果)表示回数(リーチ)を表示を地域別でほしいという方は多いらしいですけどね!