【ダイヤモンド社 】生産性 伊賀泰代

作品名

生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

出版社:ダイヤモンド社

著者:伊賀泰代

キャリア形成コンサルタント。兵庫県出身。
一橋大学法学部を卒業後、日興證券引受本部(当時)を経て、
カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネス
にてMBAを取得。1993年から2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、
ジャパンにてコンサルタント、および、人材育成、採用マネージャーを務める。
2011年に独立

本との出会い

タイトルに
興味が引かれて購入

良かったところ

勤めてる会社の課題が見えた。

こんな人におすすめ 3つのポイント!

#会社勤めの人
#役員・経営者
#生産性を高めたい人

気づき

#求人において応募者数を上げるのではなく
【10人の応募で10人採用】がもっとも理想
#成果物は内容より時間で測るべき
何時間で達成できたのか!
#会議を実施する場合は先に有識者が資料を作り
参加者は事前に資料を読んでからアイデアを出し合う。

まとめ

生産性と言うタイトルがついた本書は
非常に経営者の方や、上層部の人間は読んどいたほうが損がない。
中小起業でも参考になれる本

例えば求人一つとってもそうだが、
応募に来る人数を多くする傾向がほんと多い。
弊社もひとのことが言えず、より多くの人に来てもらいたいと
思ってしまう。しかし生産性から考えると、よくないことだ。
それだげ人材と時間をさけれてしまうのだから生産性が低いことになる。

10人の応募で10採用という、求めてる人財がくれば、
生産性が高いことは当然だろう。

ぜひ、上層部にいる方は読んでみてはいかがでしょうか?

本書に書いてるユニークな採用方法として、
オススメなのが【ボードゲーム】が良いかもしれない。。。onz