ダイエットは点数式ゲームと同じで数字(数)を競うこと。
人はなぜダイエットをするのか痩せたい・スリムになりたいとかあるだろう。
私はダイエットとは数字との戦いだと思う。

○○㌔減量しました! ○○センチ細くなりました! ダイエット製品の
キャチコピーではないか人間と言うのは数字を見て私も痩せれるとか感じる。
そんなことが今回紹介する本にも書かれている。食べても食べても太らない法とは、
カロリー(数値)と科学的要素を組み合わせた本であった。

朝食を食べることはダイエットの原理原則

【朝食を食べなさい】。子どもの頃に言われたことが多い。
私もその一人で、なぜ朝食を食べないといけないんだと疑問に思ってたことが多かった。

流行りのダイエット方法では、【朝食を食べない方法】とか【1日1食にする方法】とかある
本来のダイエットをする視点からすれば、【朝食】をきちんと食べると言うこと
しかも【朝食】を食べることにより【1日の食欲】をコントロールができる。
だからカロリー計算もやりやすい。

【朝食を食べない方法】とか【1日1食にする方法】とかの場合、
カロリー計算とか意識をしたくない人がやってもいい。しかし、実体験として健康と
記憶力アップさせたい場合は、【1日3食、飯を食べる】ことは健康にも能の回転にも良い。

両親が太ってるから私も太るの!?

私の父親の話になりますが、以前は100㌔ぐらいの太ってる人でした。
今は運動したり、食べる量を減らしただけでダイエットに成功、80㌔に収まってます。
私も遺伝で太るのかなと思ったらぽっちゃり70㌔ぐらいですが太ってません。

その原因についてこの本にも書かれてます。
なぜ人間は太ってしまうのか。
それは【食事以外からとるカロリー摂取量が違い】です。

たとえば食事以外に、「ストレス」発散みたいにお菓子を食べることが
父親は多くありました。食事以外で何かを食べることが肥満になる原因です。
冒頭でも言いましたが朝食を食べることで、無駄な食欲を抑えることも可能です。

お昼の時間、30分と60分の違いによって食欲を抑えることが可能

食事時間によって、食欲を抑えることが可能になる。私はそうだと思います。

この本にも書かれていたのですが、こんな研究結果があるそうです。
国立健康・栄養研究所などの研究グループが、全国の女子大生を対象に
実施した調査で、食べる早さを【とても遅い】【比較的遅い】【普通】
【比較的早い】【とても早い】の5段階で自己申告してもらった結果、
「とても早い」と答えた人の平均体重55.4㌔、「とても遅い」と答えた人は
49.6㌔で、なんと!5.8㌔の差があったそうです。

実体験としてこんなことがありました。以前は休憩時間があまり取れず、
お昼時間が【30分】で早食いをしていたときがありましが、そのときは無駄な食欲があり、
お菓子などを食べてました。最近では、お昼時間が【60分】となりゆっくりご飯を
食べれるようになりました。そうするとなぜか食欲がなくなり、
体が痩せてきたと実感がありました。
【食べはじめてから20分は満腹にならない】と言うのはその通りです。
ゆっくり食事するだけで痩せられる。

まとめ

ダイエットは、苦しいものと思われがちですが、
私から見れば見える「数字」なので結果が反映しやすいので楽しいと思います。

ぜひゲーム感覚でも遊んでみて下さい。昨日の自分と競って見ていろいろ試行錯誤すると
よい結果が現れると思います。今回紹介したのはある程度、ネタバレしないように内容を
厳選してお伝えしてます。【ヨーグルトの話】、【アイスクリームの話】、【居酒屋の話】
【本当は怖い人工甘味科の話】【ソフトドリンクの話】など非常に面白い話があります。

皆さんが日常当たり前にしてる行動が太る原因にもなるのでぜひ買って読んでみてください。
若い世代の皆さん! 彼氏や彼女にプレゼントしてみるがいいですよ。600円で買えます。(笑)

食べても食べても太らない法: 読んでるうちに「ムダな食欲」が消えていく! (知的生きかた文庫)

ではみなさんの読書ライフを楽しみましょう!