【かんき出版】朝の5分間 脳内セロトニン・トレーニング

作品名

【かんき出版】朝の5分間 脳内セロトニン・トレーニング

出版社: かんき出版

著者:有田 秀穂
東邦大学医学部生理学教授。1948年生まれ。
東京大学医学部卒業。東海大学病院にて呼吸の臨床にたずさわり、
筑波大学基礎医学系にて呼吸関係の研究を行う。
その間ニューヨーク州立大学医学部に留学。その経験から
「呼吸法が心身に与える効能は、脳内セロトニン神経の働きで説明可能である」
という着想を得、研究チームを作り検証作業を推進している

本との出会い

Facebook
購入場所 Amazon

良かったところ

セロトニンについてめちゃわかりやすく、書かれている。

こんな人におすすめ 3つのポイント!

#ストレスで悩んでる人
#仕事をやめたいと思ってる人
#うつ病、不登校、ひきこもりを経験してる人

気づき

#セロトニンを増やすためにサプリメントはダメ!
#セロトニン強化は、【リズム運動】!
#ガムを噛むことも【リズム運動】!

まとめ

まず、この本はホームラン本です。
読みやすくて一気に読めてしまいました。

セロトニンとはどういうものなのか、から始まり、
だれにでもできるトレーニング方法が書かれています。

【セロトニンのメカリズム】で書かれていましたが、
セロトニン強化のために、【サプリメント】の使用は
よくないことが書かれています。

なぜなのか、それは、セロトニンはトリプトファンと
いう必須アミノ酸を原料として作られます。
よくこのトリプトファンをサプリメントで
補おうとする人がいるそうです。

トリプトファンをサプリメントで摂取すると、
セロトニン症候群になります。どんな病気になるのか
自律神経症状・神経・筋肉症状・精神症状になるようです。

ちなみに、トリプトファンを食べ物で摂取する場合は、
穀類(うどん、そば 等)いも類(里芋 豆類(あずき、インゲン豆 等)
種実類(アーモンド、くるみ 等)野菜類(枝豆、春菊 等)
果実類(キウイフルーツ、アボガド 等)きのこ類(しいたけ、マッシュルーム)
魚介類(かつお、まぐろ赤身 等)肉類(牛リブロース、牛サーロイン 等)
卵類(鶏卵)乳類(牛乳、ヨーグルト 等)などです。

ぜひ食事に取り入れよう!

朝の5分間 脳内セロトニン・トレーニング