Pocket

【講談社】記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方

作品名

【講談社】記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方

出版社: 講談社

著者:池谷 裕二

1970(昭和45)年、静岡県藤枝市生れ。
98(平成10)年、東京大学・大学院薬学系研究科で
薬学博士号取得。2002年から約2年半のコロンビア大学・
客員研究員を経て、東京大学・大学院薬学系研究科・准教授。
東京大学・大学院総合文化研究科・連携准教授

本との出会い

ムダにならない勉強法 樺沢紫苑 参考文献

良かったところ

記憶力というより記憶の仕組みについて書かれているところ

こんな人におすすめ 3つのポイント!

#学者
#脳科学が好きな人
#脳を鍛える方法を知りたい人

気づき

#記憶の3箇条
何度も失敗して繰り返して覚えるべし
きちんと手順を踏んで覚えるべし
まずは大きく捉えるべし
#記憶力のドーピング
記憶力増強薬は、コーヒーの成分カフェイン
カフェインは記憶力を増加させる
#人間の脳とパソコンでは人間の脳が優秀
人の脳は限られた【神経細胞】だけで十分な量の記憶を十分に素早く行うことができる

まとめ

ビジネス書というより、専門書の本作
記憶についてから始まり、海馬のことや記憶の仕組みなどが
書かれていました。 慣れてない人が見るとわかりにくいところが多い、

実際、私もわかりにくいと感じたところがありました。
読んでみると、人間の脳は優秀だなと思われるところが多かった。
神経細胞でもある【シナプス】動きについても詳しく書かれており、
脳科学を専門で学んで行きたい人の入り口の本としていかがでしょうか?

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)