VR(バーチャルリアリティ) マルジュ社 書評 雑賀美明 雑賀美明

人工知能×仮想現実の衝撃 第4次産業革命からシンギュラリティまでを読んでみた。 雑賀美明

2017/06/06


 読み終わった感想

なぜ必要なのかは理解できた
繰り返し読めば意味も深まるだろうし、納得もいく

ただしやっぱりデメリットのところが見えにくい
何事もメリットの反面デメリットも存在している
国内だけであれば、需要は少ないかもしれない
なぜなのか それは高齢化社会で年配者が、VRを見たがるのかだろうか
VR酔いもある
また目のダメージや視力の問題をなど結局は目を騙すことには変わりないだろうし
刺激を与えることなのでそれが安全ではないとやる人は少ないと感じるからだ

需要はあるのは事実なので続けていきたいと思う。

読む前と読んだ後の違い

VRの歴史など深いところが探求できた。
なぜ、AIxVRがビジネスに生きるが書かれている

用語まとめ

# AI 人口知能
# VR 仮想現実
# AR 拡張現実
# MR 複合現実
# SR 代替現実

今後の展開

AIxVRがビジネスに生きる
自分仕事がなくなる可能性もある。

①3つの認識 (画像認識 文字認識 音声認識)
②運動ができるようになる(ロボット)
③言語の意味がなくなる(通訳.翻訳など)

SNSが進化すると、ソーシャルVRになる可能性がある。
3Dテレビは、VRと全く違うものである。
3Dは平面に奥行き VRは横を見ようが映像がついてくる
VRが表現できる3つ 没入感 実在感 現実感

ビジネス向きコンテンツ スーパーカー 高級車 分譲マンション ビル 不動産 病院 医療
レストラン ホテル

まとめ 結論

VRとかの勉強は進めておくべき!

人工知能×仮想現実の衝撃 第4次産業革命からシンギュラリティまで

スポンサーリンク

いいねをお願いします!

最新書評動画

-VR(バーチャルリアリティ), マルジュ社, 書評, 雑賀美明, 雑賀美明