みなさん こんばんは
継続マスター MASANOBUです

本日は、久しぶりの書評です。
最近は、自分を見つめ直すため書いてませんでした。
今回は見える先が見えてきたので再開したいと思います、

今回紹介する本

世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のこと
by 財津 優

この本は、営業ノウハウ本と言ってもいいでしょうか!?
答えは・・・
財津さんが会得した営業ノウハウが書かれていました。

おそらく営業を真面目にやっていたり、
向き合ってる人にはトンデモ本に見えるかもしれません。

早速、分析していきますが【究極な営業本であって究極な営業本】でもないんです。

なぜって思われるかたも多いかもしれませんが、答えは簡単です。
営業の商品を売るテクニックというよりお客様と、どうやって接するかを書かれているからです。
財津さんの本をみてる限り商品を売る方法は書かれてません。

例えば
#5分以上面談しない
#訪問件数を増やさない
#時間に振り回されない
#お客様と仲良くならない
#値引きしない
など商品を売る方法は書かれていませんでした。

それよりも自分を知ってもらうこと、コミニュケーションの方法が書かれており、
お客様との対応の仕方を重視しているように思います。

一般的には商品をどのように売るのかをベースに考えますが、
財津さんはできるだけ多くの人とコミニュケーションを図ることを考えてます。

営業の人は商品を先に売る人がほんと多いように思います。
それが正直、私はうざかった。営業を受けたくないところでもありました。
でもこの本を実践されると、話ぐらい聞いててもいいかなと思います。
自己紹介シートを、もらうとツッコミたくなりますしね。
商品を売る前に、自分を知ってもらうこと大事さをこの本で学びました。

自分を売るっていうのは人によってマイナスに思われるかもしれませんが、
お客様に選んでもらう人になることが最も重要。
また、ザイアンスの法則(接する回数が増えるほど
好意度や印象が高まる効果を大事)にしているってことですね。

ただし、営業未経験の人はこの本を鵜呑みにしないほうがいいということ
また会社経営者が営業するのではなく社員が営業する方法論でもありました。
組織があってできる営業ノウハウとも言えます。

まずは試行錯誤して、やり方の一つとして試されて見てはいかががでしょうか?
悩んだ時にヒントをくれる1冊として友人にプレゼントしたい本です!!

【本を読んだことによっての気づき】

【読みやすさの難易度】

やさしい とても読みすい本でありました!
攻略方法は、目次から好きなところに読んで見てください!

【本書の中で心に響いたメッセージ】

より高いスキルを習得することを目指し、
自分で時間をコントロールできるビジネスパーソンは
プライベートも充実している。

見積もりを提出しても、
お客様はコストダウンを要求してくると考えて余裕の見積もりを出す。
コミュニケーションの一つですね。限界の金額を最初に聞くのもあり!

常に自分に投資をして、
自己研鑽をしていると仮に倒産して
無一文になってたとしても復活できる可能性が高い

世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のこと (アスカビジネス)