【PHP研究所 】脳を活かす仕事術: 「わかる」を「できる」に変える

作品名

【PHP研究所 】脳を活かす仕事術: 「わかる」を「できる」に変える

出版社: PHP研究所

著者:茂木 健一郎

1962年、東京生まれ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー、
慶應義塾大学特別研究教授。東京大学理学部、法学部卒業後、 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。
理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。
2005年、『脳と仮 想』で、第4回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』
(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞を受賞

本との出会い

ムダにならない勉強法 樺沢紫苑 参考文献

良かったところ

脳の仕組みをより細かく理解できた

こんな人におすすめ 3つのポイント!

#脳関する知識を深めたい人
#仕事力を上げたい人
#時間効率を測りたい人

気づき

#脳のポテンシャル(潜在能力)を最大限に発揮するには
【情報の整理や記憶に頭を使わないこと】を重視する。
#すきま時間は、ペンなどの道具を持ち、具体的に、体を動かすことが効率的
#偶然を幸運に結びつける方法は、【行動する】【気づく】【受け入れる】

まとめ

本書は脳の使い方について書かれている本である。

ある程度の脳科学の知識がある人が読むと
非常に書かれてることが納得できる。
私にとってのホームラン本!

脳の仕組みはどうなっているかから説明しており、
そこから実例を語る流れとなっている。

私が是非やってみたいのは、
スキマ時間は、本だけを読むのだけではなく
ペンなどをもって、文字を書いたり体を動かして行こうと思う。

あとは常に背伸びをして自分を鍛えていきたいと思います。

脳を活かす仕事術 「わかる」を「できる」に変える