三笠書房 書評 生き方 白鳥 詩子

【三笠書房】神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック 白鳥 詩子


【三笠書房】神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック

作品名

【三笠書房】神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック

出版社: 三笠書房

著者:白鳥 詩子

1972年京都生まれ。神社開運協会代表
神社仏閣を大切にする家庭に生まれ、
11歳で巫女デビュー。
幼い頃から神さま仏さまの声を聞けるなど、特別な能力を持つ。
イギリス留学中に、多くのヒーラーやチャネラーに会い、
その才能を見出される。帰国後、守護霊やハイヤーセルフと
交信しながらの個人鑑定を行い、その数は1000人を超える。
2013年、伊勢神宮遷宮の年に内宮で、神社の歴史や正しい参拝のお作法を
教えよというご神託を受け、神社での正しい参拝のお作法を学ぶツアーを開始。
わかりやすい説明と即効性の高いツアーは、リピート率も96%を超え、
毎回キャンセル待ちが出るほど人気を博している。

本との出会い

セミナー

良かったところ

神社のことは知れた。

こんな人におすすめ 3つのポイント!

#開運したい人
#神社のことを詳しく人
#神様が喜ぶとっておきのお作法を知りたい人

気づき

#神社のお参りベストタイムは、早朝
朝の神社は陽の気で満ち溢れてるため。
#鳥居くぐる前は一例して左側か右側を歩く
参道の真ん中は神様が通る正中なので原則あるかない。
横切る場合も上映中映画館で見てる人の前を通るイメージ
#「厄年」は出世のチャンス!?
厄年の「やく」にはお役目の「役」の意味もあり。
厄年になると神社の大事な役割を、「神役」と与えられるから
「厄年」となる。

まとめ

この本、特徴は神社についてのことを、
なんでも詰め込んでる1冊になっている

1章では、神さまと神社についてのつながりを書かれており、
古事記が好きな方には十分すぎるほどかかれてるだろう。

2章以降は、神社にまつわる基礎的なことから、応用編まで書かれている。
これがポケットサイズで、630円程度で買えるので安いのではないだろか

持ち運び用の1冊としてオススメです。

神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック (王様文庫)

スポンサーリンク

いいねをお願いします!

最新書評動画

-三笠書房, 書評, 生き方, 白鳥 詩子