あさ出版 ホームラン本 教育 書評 西澤ロイ

英語学習は暗記ではない! 【あさ出版】 頑張らない英単語記憶法 西澤ロイ その2

2017/01/01


英単語はなかなか覚えられない!
理由は、暗記をしようとしてしまうために、
できないからである。

学校での教え方は暗記のやり方ばかりであり、
全然楽しくない教え方ばかり・・・
そんな教え方を改めてくれる本がある。
今日はその本の中から面白い内容を紹介していこう。

長い情報だから覚えられない

皆さんが、英語を覚えようとするとき、
どんな行動をするのだろうか?

私の場合は、長い情報を無理やり覚えようすることが多い。
何度もノートに書いて覚えようとしたものででもなかなか覚えられなくて、
【記憶力が悪いな】と思ったことが多いのではないだろうか?

私もその一人であった。

しかし本を読んでいくうちに体験して気づくことがあった。
それは【長い情報】だからこそ覚えられない。
人間の脳としては【3つ】のことはだれでも覚えていられる
【12つ】のことを覚えるとするのならば、分解して【3つ】にわけて覚えれば
意外と苦労をしないで覚えることが可能なのだ。

意外とそのことを知らないで
長い英単語を覚えようと無茶をする人が多い。
私も体験したが、この方法は変えたほうがいい。

期間をあけるのではなく短くする

この本でも書かれているが、一ヶ月前に覚えた内容が、
一ヶ月放置していたら、覚えてるはずもなく忘れていくのは当然。

私自身の非常に面白い体験談があるので紹介しよう

たとえば、好きな人ができたときの体験談だが
好きな人とデートしたときの記憶力はほんと高い

理由は明確で、好きな人と会ったあとは
そのときの出来事を思い出すことが多いからである。

思い出すということは、記憶の定着にもつながる。
脳科学的に言われてるのが嫌な記憶を忘れられないのは、
1週間のうち3回以上も思い出しているからとも言われてる。

それを逆手にとって1週間ないし、
1日のうちに3回思い出せば記憶の定着につながることになる。

感情が動けば記憶は加速する

もっとも記憶を加速をするにはどうしたらよいのだろうか?
やっぱり楽しくやる!ってことは大事ではないだろうか

仕事も勉強も同じことが言えるのだが、
楽しく、ワクワクドキドキやるのが一番記憶も最高の状態に保つことができる。

どんなにやり方を考えても、続けなければ意味がないのと同じである。
どんな学習においても、楽しくやることが一番のテクニック。

まとめ

今回は英語学習についての2回目を紹介しました。
英語学習系の本は世の中に沢山でていると思いますし、
英語を勉強してる人にとっては、どれを選んでもいいのか
わからないと思う人は沢山いると思います。

だからこそ今回、頑張らないシリーズを再度紹介しました。

今の時代だからこそ必要な英語!
英語ができれば、【英語が出来れば3億円の得】と言うのは事実である。

スポンサーリンク

いいねをお願いします!

最新書評動画

-あさ出版, ホームラン本, 教育, 書評, 西澤ロイ