みなさーん 英語って好きですーか?

答えはわかりませんが
ほんとに大好きとか言う人は少ないのではないでしょうか?

さて、そんな貴方にオススメする頑張らない英語学習方法をご紹介します。

この本の特徴としては、学校で教える英語学習とは異なる方法が書かれています
異なる方法の中から私がピックアップする学習方法を気づきを一緒にご紹介していきます。

単語を覚えず語彙力をアップさせる

英語学習って単語を覚えることはから始めようとしませんか?
私も本を読むまでは単語を覚えることを中心にやっていました。

でも結局は膨大な単語を覚えきれず、
結果とし挫折してという人は多いのではないでしょうか?
英単語と日本語よりも言葉そのものが多くも意味を持っていたりします。
用法が多彩なのです。
なので単語を覚えるよりもその意味を知ることが英語学習には大事です!

言いたいことを英語で話してみる

単語学習は意味を知り、覚えたあとはどうすればいのでしょうか?
方法としては英語の【インナーマッスル】を鍛えるということです。
英語をスムーズに発言できるまで鍛えれば、
日本語で考えていても、スムーズに英語の考え方に切り替えて話ことができるようになる
最初は30秒などしか話せなかったのが、1分~2分でも話せるようになるのなら
すごいことですよね。 【直訳すればよいところは直訳し、直訳が難しいところは
別の考え方をする。】2つの考え方をうまく使いわけるのがいいらしいです。

もやもや翻訳をうまく活用すれば誰でも会話ができる

単語の覚え方の考えたを変え、話し方を鍛える必要性もわかりました。
さて最後になにが必要なのでしょうか?
頭の中で言いたい言葉を組み砕く方法になります。
組み砕くっていったいどんなことができるの?って思うかもしれません。
日本語を英語にする前に、日本語自体をもっと噛み砕いた状態で英語で表現することです。
小学生から I want to borrow cat’s hand.(ネコの手を借りたいってどういうこと) と
聞かれた場合どうしますか?
結構困ると言い方に困る人が多いのでしょうか?
そこで登場するのがもやもや翻訳を上手く活用します。
それが、I’m very busy.(とても忙しい) I need so some help(お手伝いがほしい)
The work doesn’t seem to end.(仕事が終わりそうにない。)と別の表現が見つかります。

もやもや翻訳を活用できれば、会話の幅が広がりますね!

まとめ

さていかがでしたでしょうか?
今回は英語学習法に視点を見てのアウトプットです。
ほんと英語学習もめんどくさいですよね。

でも、少しでも切り口が変われば見るところもかわります。
見え方も変えれば行動が変わります。
行動が変われば習慣も変わります
習慣も変えれば人生が変わります。
その切り口を変える本であることは間違いありません。

私もまずは音声英語から英語に毎日触れる習慣をつけています。

まずは聴いて、英語を好きになり学習を進めていけたらと思います。

頑張らない英語学習法